誰にでも効果を期待

育毛剤・発毛剤・養毛剤の相違点

効果、働きかけるものが違うので、せっかく髪の毛の為に薬を買うのであれば、よくその違いを知る必要があります。
まず、字からわかる点として、育毛剤は髪の毛を育てる為に用いるものです。
育毛剤が目をつけているのは髪の毛を生やすことではなく、今ある髪の毛をより強く太くする点に着目しています。

ですからそのために必要な栄養素が含まれています。
養毛剤は髪の毛を養います。
これに関しては、抜け毛を防止する為に尽力します。

毛髪を保護することに重きが置かれています。
最後が発毛剤です。
これは薬事法が関係しています。

育毛剤よりもより一層の効果を期待できるものです。
毛母細胞に直接働きかけ、毛髪が抜け落ちたら強い新しい髪の毛が生えてくるのをしっかりと手助けします。
つまり髪の毛を生やすという点で効果を発揮します。

このように、働きが三者三様です。
もし最大の効果を期待したいのであれば、まずは自分の頭皮の状況を理解することと、自分がこれらの薬に何を求めるのかをはっきりさせることが大切です。
抜け毛を防止したいのか、もしくは新しい髪の毛を強くしたいのか、髪の毛が生えるように促すのかなどといった点です。
この違いが分かれば選ぶときに非常にスムーズになります。

このページの先頭へ