誰にでも効果を期待

育毛剤で医療費控除が使用できるとは?

医療費控除は分かりやすくいうと、病気で困っている人に国からの援助があることです。
つまりそれがまず病気であると認識される必要があります。
確かに、薄毛も最近は病気に近いものとして認知されて来ましたが、髪の毛がないとしてもそこまで生活に支障をきたすわけではありません。

もし医者にかかり、それが円形脱毛症である、生活に支障をきたすと判断された場合、そしてそれを治すために育毛剤をもし医者が処方した場合は医療費控除が適用されます。
ですから、自分で育毛剤を購入するときは、医療費控除は使えません。
それが安かろうが、高かろうが全く関係ありません。

飽くまでも抜け毛予防という位置づけである限りは適用されません。
また、覚えておきたい点として、薬局などで売られている育毛剤は薬でもありません。
そもそも、医薬部外品なのです。

つまり、そこまで高い効果はすぐに期待できるものではないということです。
長い期間使って少しずつ改善が見られるものであるということを認識しておきましょう。
医療費控除は使えませんが、商品によっては、纏め買いしたり、定期購入にするとかなりの割引が効くものもありますので、そういったサービスを上手に使うなら、かなりお得に育毛剤を購入できます。

このページの先頭へ